topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦メーカーさんとの話し合い-後編- - 2014.04.18 Fri

前回の続きです。

読んでいない方はまず最初に コチラ を 
大事な前提がありますので次に 前編 を読んでからこの記事を読んで下さい。



瓦メーカーさんが最初に説明された私たちが初めて知った情報を書きます。

---------------------------------------
この『スーパーセラウェーブ 色:チェスナットベージュ』は元々色ムラがあることが特徴で
この瓦を隣同士に数件施工しても『同じ瓦を使っている』と思えないように
あえて色ムラを強く出るように製造している製品である。

そのムラを強く出すために、瓦の上に吹付けている黒と黄色の釉薬を
吹き付ける秒数を長くしたり短くしたりして違いが出るようにしている。
----------------------------------------

※瓦の上にある吹付けの明るい方の色について、私たちはずっと【ベージュ】だと述べてきましたが
メーカー側の話ではこれは【黄色】の釉薬を使っているんだそうです。


ここで、HPのこの瓦のカラー紹介の写真です。 真ん中の下が今回のチェスナットベージュです。
ppp.png 
上3つのカラーは明らかに色ムラが特徴のプロバンス風の瓦だということが写真を見て分かります。

それに比べて下二つのプレミアムカラーは
単色には見えませんが、上3つに比べて色ムラが少ないタイプだと思っていました。

施工例の写真もそうです。
上3つのカラーの施工例でははっきりと色ムラが特徴の瓦だとわかるのに
チェスナットベージュの施工例では色ムラが特徴の瓦だと判断できません。
t-b2JPG[1]


私『チェスナットベージュが色ムラが強いのが特徴の製品だと言われるのであれば
  2件施工例をのせているのだから、どちらかだけでもそういうことが分かる写真を
  載せるべきですよね?
  カラー紹介の写真も上3つのように、ムラがあることが分かる写真を使うべきじゃないですか?』


瓦『ちょうど今HPを改良しようかと検討しているところ、パソコンも設定が色々ありましてね…』

という、私たちからしたらどうでもいいパソコンの話が出てきました(怒)

私『HPに載っている写真を見ても、ネット上にあるどの写真を見てもこのチェスナットベージュは
  色ムラが強くないように見え、全てイメージ通りの好きな色なんです。
  でも実は逆で【色ムラが強いことを特徴としている製品】だ ということを
  私たち購入者が事前に知ることができる方法はあるんですか?』


瓦『う~ん、そんなことまで言われても・・・問い合わせも年に数件だし・・・ 困ったなぁ・・・・笑』

つまりこの特徴を知る術はく、今回のような意見を言われることもないし…との言い方でした。

私たちも好きで言いたくて意見しているのではありません。
施工例やサンプルやネット上で見た瓦たちと似たようなものが施工されていたら何も言いません。
少し違ったくらいならショックは受けることはあってもわざわざ意見はしません。

でもこれは、これは違いが大きすぎます!!

そもそも、ここまでの違いがあるものが施工されたことが今まであったのでしょうか?

こんなに明るい割合が多く、色ムラが強いロットが施工されているのは 普通のこと だと
瓦メーカーさんは言われましたが、本当にそれは真実なのでしょうか??

じゃあ、ネット上にある施工された方々のどの写真にも、
私がこの目で見た半年前くらいにこの瓦を施工されたお宅の屋根にも
色ムラがなかったのはなぜなんでしょうか?


事前に特徴を知る術もなく、知りうる情報と現状は全然違うのに、
それが普通だと言われ 、そういう特徴だからと片づけられても納得がいきません。



色ムラに加えて納得いかないことがもう一つありました。

②役物瓦(端や頂点を収める瓦のこと)と表面の瓦の色の違いについて


主人が発見したことです。
色ムラを特徴とするプロバンス風の瓦はその役物瓦にも同じように色ムラが施されています。
住宅街を回り、たくさん確認しました。本当にそうでした。

でもチェスナットベージュは色ムラが特徴と言いながら役物には一切色ムラがありません。
3_20140416214455b1a.jpg 
(写真クリックで大きく表示されます)
なので、この役物瓦の色が理想です。サンプルと役物瓦の色がそっくり!
 

晴天の日中です。
2_201404162144450a7.jpg 
(写真クリックで大きく表示されます)

曇りの日没直前に撮りました。色が違いすぎるーー
1_20140416214434f85.jpg 
(写真クリックで大きく表示されます)

役物瓦にムラがないのでチェスナットベージュが色ムラが強いのが特徴だと言われることにますます納得いきません。
この役物のように吹付けは点々だと思ってたのに…実際はプシューっとスプレー状です… 
サンプルや色んな写真から吹付けというより、釉薬を散らしている感じをイメージしていました。
ロットによりその割合や量に多少の違いはあれど、まさか広範囲+その枚数がとても多いとは思いもしませんでした。


そして外見上気になるのが、表面と端の色の違いです。
121_20140416214502f9b.jpg 
(写真クリックで大きく表示されます)

色が違うので縁取った感満載です。
これは一目瞭然でとても違和感があります。


これについて見解をお尋ねしたところ

瓦『役物瓦は焼く窯が別だから色が違う』

 ↑ これって理由になりますか?
同じ窯で焼こうが違う窯で焼こうが、一つの製品としてある程度違和感のないように成立しなくてはいけませんよね?


そしてこの色の違いの理由は、役物瓦は一番暗いものに色を合わせているんだそうです。
それがよく分かる写真がさっきのこの写真です。
3_20140416214455b1a.jpg 
(写真クリックで大きく表示されます)
サンプルと端の役物瓦の色がとても似ていますよね?
サンプルとして届いた瓦は一番暗いタイプのものだったということです。


ムラに関しても役物との色の差にしても到底納得できる答えではありませんでした。
そして瓦メーカーさんはこの問題に関係ない話がとてもとても多かったです。
話を本題からそらす、ずらす、、、、何度も何度も…
そんな風な印象を二人とも受けました。


私『この瓦の話をしましょう。』
って我慢の限界で言ってしまいましたもん。

関係ない話が多いことが本当に嫌で悲しくて

私『お願いですからこの屋根を見て下さい。』
と再度お願いをしました。

そして、瓦メーカーさんは足場に上り屋根の上に乗って瓦を見られました。

そして下りてきて言われた一言
瓦『(サンプルを指さして)これと真逆だな。』

私『ですよね?違いすぎませんか?ムラがある商品のサンプルって普通中間のものを送りませんか?』

瓦『これじゃない別の種類の瓦はムラが強いから薄いものと濃いものを両方サンプルとして2枚提供している。』
  (↑これ自慢げでした。意味が分かりません。)

私『玄関タイルはそうでした。自然石でムラがあるからと2枚送られてきましたもん。
  チェスナットベージュもこんなに違いがあるのが特徴でしかもその情報を発信していないなら
  同じように2枚送ってもいいんじゃないですか?』


瓦『次回からそういう風にしなきゃいけないですね~。ご意見としてありがたく頂戴します~。』


足場に上って真上からは見てはもらえましたが、
直射日光で黄色く見えている屋根を離れて見て欲しいというのは
結局最後まで聞き入れてもらえませんでした。

どんどん日が沈んで色が分かりにくくなるからと言いましたがダメでした。

次の予定があるからと1時間半後に帰られた後、
車に乗り離れたところまで行きやっと見られていたようです。
そのまま私たちに何も言うことなく帰られたし
(同席されていた瓦施工業者さんには電話で何か言われていたようですが)
もう17時半で日も傾いてました、私たちが見て欲しかったのはもっと早い時間です。


『なんでうちだけこんなに色ムラが強いんですか?
茶色の屋根瓦だとしか判断できないのに、なんで黄色が強いんですか?』
と納得がいかない私に対して

瓦メーカーさんは

・私が黄色黄色と思い込みすぎてしまっているせいで、もう黄色にしか見えなくなっている
(実際は黄色くないけど私の固定観念でそう見えてるって意味でした。
 実際離れて見てないくせに、屋根の写真見て黄色いって言ったくせに、
 今回多過ぎた釉薬は黄色だったのに…怒)

・好みなんて変わるもんだ

・違うから好きになることもある
 (ご主人とも違いがあるから結婚されたんでしょう?のようなことを言われる…)

・車だって買い替える時は今乗ってるのと違う色にしようと思うでしょう?
 それと同じで、違う色がいいと思う時期が来る


このような話がたくさんありました。
好みの問題ではないのに平然とこんな話が続き本当に悔しかったです。

直接はこの問題と関係ない話をされるのに耐えられず、私が話を戻そうとすると
私の話にかぶせて途中で打ち切られることを何度もされました。


このチェスナットベージュは数年前の販売当初もっとベースの色が明るかったんだそうです。
サンプルの黄色の釉薬を指差し、 『最初はこんな風な明るい色だった』 と…
『でも明るいと重厚感や高級感に欠けるから、今のような暗めの茶色に変えた』 そうです。

このことを2度も自慢げに語られましたが、どう見ても今のうちの瓦は明るいです。
重厚感に欠けると言いながら指を差されている部分の色の瓦が今大量にうちの屋根にのっています。

改良していると私たちに伝え、自負もされているんだなと思いましたが
これを聞いてこちらはいい気持ちはしません。フォローする気はあるのでしょうか…


HPの写真や施工例
ネット上にある施工されたお宅の写真、手にしたサンプル
私が見たものは全て大差なく見えました。
だって、全て同じ製品だから。。。
全てが色ムラのない好きな感じでした。

見たもの・手にしたものは全て色ムラがなく濃かった。
けれど、うちに施工されたのは色ムラが強く明るいロットだった。。。

偶然にも見たものと使われたものが全て真逆だったようです。
そんな偶然起こりうるのか、真逆といっても許容範囲を超えてるじゃないか
納得はできませんでしたが 『そういうロット』 で片付けられてしまうことのようです。 

土地の造成があんなに遅れなかったら、もっと早い段階で着工して注文もできて
別のロットの瓦が届いていたはず・・・・
考えてもしょうがないことが毎日毎日頭をめぐります。。。

真逆に当たった私はとてもとてもとても運が悪かったようです。

あ、、、、
私今年厄年だったーーーーーーーー(*_*)
お正月に厄除けしとくんだったーーーーーー!!



瓦メーカーさんはこれからはHPを改良して正しい情報を発信するそうですよ。


------------------------------------
昔から楽しいブログを書くことを心掛けているので
こんな重々しいブログを書いてしまって本当にすみません(><)

ワクワクの家づくり、最初につまずきましたが、後半は楽んで進めていきたいと思います!

長々と書き連ね、読むのも大変だったと思います。
簡略化したかったのですが、1時間半のやり取りをまとめるのは難しくて…(><)
読みづらくてすみません。そして最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。


ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。
瓦とか、こういうものは自然なものなので
サンプルと違うものがあったとしても、ある程度は仕方ない気もしますが
それにしたって・・・・違い過ぎとこの業者の態度には本当に読んでいて腹が立ちます。
もうちょっと、全うな誠意のある態度をとってくれてもいいですよね。
お客さんの好んだものを施工できなかったというのに、この態度!
違う物も好きになるとか??!フェリシモじゃないんだから!!ってかんじです。
読んでいる私がこんなに腹がたつんだから、mananekoさんの悔しさたるや。。。
その話しの軸をのらりくらりとずらしていくあたり、クレームになれてるのか??ってきもします。
本当にHP改良するんでしょうかね。。
mananekoさんのお家づくり、どうかどうか、あとは楽しいことばかり続きますように!!

モヤモヤ…

はじめまして。
いつもファンでひっそり読んでました。
私も今、お家作りをしていて屋根は同じようにムラのない茶色か紺色を検討していました。
この記事を読んでいたら本当に自分の事のように感じ、モヤモヤします。
お気持ちお察しします。

恐らくこの瓦屋の担当者は、はなから
ロッド違いを突き通すつもりで来ていますね。全く弱みを見せようとしていませんから。とゆーか商品の弱みを無視して営業しているかの如く。

私も以前働いていた時の店の商品にロッド違いが多々あり、売る立場としてはご理解頂けるよう色違いのサンプルを見せてから販売していました。なぜならクレームに繋がりかねないので、防止作&了承していただく為です。

まだ納得されていないようであれば、その担当者よりも上の立場の者を出すよう願い出て見てはいかがでしょう?
恐らく話術が営業マンぽいので、どうせなら指示を出している側を責めてみるべきです。
非を認めてもらうには一番効果ありです。

本当に楽しみにしていたお家作りですから、
会ったこともないあなたですが、
どうか幸せな暮らしが出来ますよう
願っています。
頑張って!

いつも、ひそかに楽しませてもらっています。
絶対に屈してはいけません。
誠意がなさ過ぎです。ホームページを後から変えるなんて改ざんですか⁈
更に上の人を呼ぶと話が早く進みますよ
違うジャンルの本当に親元の会社とかです

家は建て売りだったので、自分たちの好きにできる家作りを私も楽しみにしています
こんな形ですすむなんて…

いつもおうち作りの進捗を楽しみに見ていました

家を建てると決めた当初から
私もずーっと屋根のことを考えてます
間取りでも内装でも外壁でもなく屋根なんです
外出すれば、よそのお宅の屋根ばかり見上げています

それくらいこだわる部分だということはすごくわかります
自分のことのように悔しく涙が出そうです

「非を認めるような謝罪の言葉は絶対口に出すな」
くらいの会社指導の上、来訪してる印象を受けます

諦めるにしても
金銭的な部分なのか、謝罪なのか、同意なのか・・・
なんかしらの誠意を感じたらmananekoさんの気持ちも違うものになるのに
悔しさ・悲しさ・落胆しか残りませんよね

1万2万の買い物じゃない
また買えばいいよって物じゃないから余計です
大事なお客様をなんだと思ってるんだろう・・・

こういう苦情を言える然るべき機関ってないんでしょうかね?
mananekoさんのお気持ちが少しでも穏やかになって
おうち作りに前向きになれますように
願っています



昔からずっとファンで見てます
残念過ぎて気持ちが伝わって来て自分の事のようにムカつきます
いっそうの事自分たちで吹き付けたいくらいでしょう(-_-)
トウキマイルドとか色々吹き付けれる物もあるでしょうから
安く吹き付けて頂けれないものでしょうか?
このままでは屋根を見る度に憂鬱になりそうですもの

ヨンさんへ

はじめまして♪
コメントありがとうございます!
ヨンさんのブログをよく読ませていただいてたので嬉しかったです♪

そうなんです、特性上ある程度の許容範囲の心構えはしていたのですが
違いすぎるんですー!これをそういうロットと片づけられてしまっては、
『ロットによる差あり』とさえ書いておけば何でも許されるのかと頭にきます!!

本当に誠意がなくて、平然と普通だと言われる態度に
悔しくて悔しくて、瓦メーカーさんと話し合えばモヤモヤもすっきりするはずと
思っていたのに、さらに増してしまいました(*_*)
製造メーカーのお偉いさんだったので、私たちのような末端の顧客と接する機会なんて
なかなかないのかもしれませんね、お客だけどお客と思ってない、そんな感じでした。。。

本当にHP改良されるんでしょうかね…
されるんであれば、うちの写真を追加してほしいくらいです!
こんなに違う2件が掲載されていれば、検討している方々も困惑するはずですから。

あとは楽しく進められればいいなと思っています♪
お気遣い下さったコメント嬉しかったです♪ありがとうございました♪

negiさんへ

はじめまして♪
以前から読んで下さっていたようで嬉しいです!
コメントありがとうございます(*^_^*)

そうなんです!
はなから『そういうロット』で突き通すことしか考えられてませんよね!
うちにのった瓦がどんなに明るかろうと暗かろうとどんな色合いだろうと
そんなの一切関係ないから実物を見ようとされなかったんだと思います。
『ロットによる濃淡有』とさえ注意書きをしていれば、
そのことが分かる写真や情報は一切発信しなくても、
常識の想定範囲を超えるような差が発生しても問題ないのかと頭にきます!!

negiさんもロット違いのあるものを販売されていた経験があられるのですね!
普通そういう商品を扱う際にはnegiさんのされていたようにするのが最善ですよね!
商品の特性が分からないカタログやHPなどが何の役に立つのでしょうか…

話し合いをした方なのですが『取締役営業部長』さんでした(><)
営業のトップですよね…悲しくなります…
全然まだ納得できていないです…
でもお客様窓口もないし、会社社長宛に写真を送ろうかとちょっと思ったりもしてます…
この屋根を見てどう思うのか、普通だと言ったけど真実なのか知りたいです。

会ったこともない私に対して、お気遣いの言葉本当に嬉しかったです♪
とても元気づけてもらいました!ありがとうございました(*^_^*)

なおさんへ

はじめまして♪
嬉しいコメントありがとうございます(*^_^*)

誠意なさすぎですよね(><)
これがこの会社の『取締役営業部長』さんだなんて…
普段仕事上関わりがあられるのは業者さんとかだと思うので、私たちのような末端のお客と関わることもないのかもしれませんが、営業のトップである方が客を客と思ってないような態度に本当に腹が立ちました!
さらに上の社長さんとかに意見したくてたまりませんっ!!

HPを変えるつもりがあるということは情報発信不足があるということを認めているということになると思います。
それならわが家の屋根に対する非も少しは認めていただきたいのに、ロットで片づけるなんて…(><)

私の感情的なブログに同意して励ましのコメントを下さり、本当に嬉しかったです♪
楽しみにも思って下さり、ありがとうございます(*^_^*)

こはねっちさんへ

はじめまして♪
コメントありがとうございます!

私もです!!
よそのお宅の屋根を見たくて、色んな住宅街を何度も回りました!
見え方も瓦によっての印象も様々…
だからこそ自分の気に入る瓦を見つけるのにたくさんの時間を費やしました。。。
屋根って外観の重要ポイントですもんね(><)本当に悔しいです。。。

『非は認めない』頑なにこの姿勢でした。
やり直しや返品、会社にとって金額のマイナスとなることは絶対に避けたいのでしょうね。

こはねっちさんのおっしゃる通りなんです!
全てやり替えろなんて言っても思ってもいません。
そりゃメーカー側からの提案でやり替えの話が出れば、多少私たち施主に負担分が発生したとしても、やり替えてもらえるのならそうしたいとは思っていました。
けれどやり替えろとこちらから言ったら横暴な客となると思い決して口にしませんでしたし、きちんとお互いにお互いの非を認め大人としてきちんと話し合いたいと思っていたので、瓦メーカーさんの誠意のない態度には本当にがっかりでした。。。

諦めるしかないと覚悟はある程度していて、でもきちんと納得できる見解を聞き、謝罪や同意で誠意を見せていただければ気持ちに整理がつくと思っていました。
でも現実は悔しさ・悲しさ・落胆しか残りませんでした。。。

製造業者にとって末端の私たち購入者なんて普段接する機会がない分、お客として見ていらっしゃらないのかもしれませんね。。。
あんなに腹の立つメーカーの瓦がわが家の屋根だなんて…
記憶が薄れるまで毎日瓦を見るたびに悔しさがこみ上げる日々が続きそうで憂鬱です(><)

涙が出そうとまで思っていただき優しいお言葉に感動しています。
励ましにとても元気づけられました。本当にありがとうございます(*^_^*)

ayaさんへ

はじめまして♪
以前から読んでいただき、嬉しいコメントありがとうございます(*^_^*)

同意して気持ちを分かって下さり嬉しいです!
いっそのこと上から茶か黒のスプレーをしたいです、ホント!
トウキマイルド、初めて知りました!
そのような商品もあるのですねーじっくり見てみます♪

このままでは間違いなく屋根を見るたびに
自分のイメージと違いすぎることによる落胆の気持ちと
あの話し合いを思い出してはらわたがが煮えくり返る気持ちとで
イライラがつのります。本当に憂鬱です。。。(><)

同意して下さるコメントにとても元気づけられました!
ありがとうございます(*^_^*)

すみません
適当な事言ってしまったのに調べてくれるなんて…
吹き付けとかも出来るよーですが凄い容量が要ると思いますので
ハケを使って適当に点で飛ばせば
その嫌な黄色の上にも乗ると色身が大分と変わると思います
本当に屋根に乗せてくれれば自分でやりたいですよね
上手くいけばいって憂鬱なんが吹き飛べばいいんですが…

こんばんは。

mananekoさん、おひさしぶりです。

おうちの計画、楽しみにひっそりと応援していました。

前回の瓦の件読んで、私も悲しくて悔しくて・・・・なんで・・・って。

そして、今回の業者の態度を聞いて、さらに腹がたちました。
結局、泣き寝入りしないといけないんでしょうか。

安い買い物ではないのだから、真剣に話しているのに、軽すぎますね。
もう、変更とかもできなんでしょうか。

これから先の工程が、うまくいく事を願っています。

ひどすぎます!

はじめまして☆以前からブログみてました☆

うちは去年注文住宅の家を建てたんですが、屋根や壁の色など、遠くから見るとサンプルと違うから、完成するまでドキドキしました!
ちなみに私はブロバンス風が好きなのでムラのある屋根にしました!

今回のこの瓦は本当に全然違いますよね(T_T)
間違えて違う瓦を使ったんじゃ?!と思ってしまいました。
メーカーさんの対応も、読んでて本当に腹立たしく、他人ですが一言いってやりたいくらいです!!
社長に直接言うのがいいかもしれませんね!!
あと、消費者センターに相談とかはどうなんでしょう?
とにかくやり直せないとしても謝罪の言葉がほしいですね。
一生住む家なのに、許せないです。

あの、話がずれてしまいますが、厄除けはした方がいいかもしれません。
うちは、主人の厄年を避けて建てましたから。
ご主人は厄年ではないのですか?
厄除けはたぶん年中できますので、おすすめします。
おせっかいすみません(^_^;)

ayaさんへ

いえいえ、アドバイスありがとうございます♪♪
自分で塗ったり吹き付けたりするのは勇気がいるので
すぐにはしないとは思いますが、
うまくいくもんなら自分ででもやりたいとは
何度も妄想してますよ~(^_^;)
頭の中でハケであの黄色を茶色に塗りつぶしてます(笑)
温かいコメントありがとうございます♪♪

べりぃ♪さんへ

お久しぶりでーす♪♪お元気ですか?
おうちのブログも読んで下さっててありがとうございます(*^_^*)

そしてお気遣いと励ましのコメントもありがとうございます♡
イメージと違いすぎる悲しい結果になってしまいましたが
受け入れるしか道はなさそうです・・・(;_:)
楽しみにしているところは他にもいっぱいあるので
気を取り直して頑張って進めていきたいと思います!!

milkさんへ

はじめまして♪
ブログ見てて下さりコメントもありがとうございました(*^_^*)

milkさんも注文住宅を建てられたんですね♪
プロバンス風といえばムラのある瓦ですよね♪
うちのハウスメーカーさんはプロバンス風のおうちをよく建てられるのでよく見ます♪
とーっても素敵です(*^_^*)

瓦の件、そう賛同していただく方がいることだけでもすごく励みになります(;_:)
昨日ひさしの部分用に黄色のムラのない濃いロットの瓦が数十枚届いたので
ひさしについては希望の色で施工できそうで一安心です。
(でもこれで屋根についてはやり変えや交換の動きをとっていないことが分かったので
 残念でもあります…期待してなかったけど、もしかしたら…とかもちょこっと頭にあったので)
屋根とひさしの瓦の色が違うことになりますが、仕方ないです…
社長に写真同封で『どう思いますか?』って手紙送ることも一時は考えました…
本当は『やり直せーー!』って強く叫びたいですけど、なかなか難しいですね(><)

あ!主人は厄年ではないので大丈夫です。
私の住む地域は厄除けは6/1にする習慣があるので、その日にする予定でいました。
(でもこんな嫌なことがあるんなら、正月にしておけばよかったという意味でした^^)
去年の前厄の厄除けはしてます♪しておいた方がいいですもんね!
本当は去年のうちにおうちが完成してるはずだったので、前厄ならいいかと思っており
工期が遅れて本厄年での完成&引っ越しになってしまい、ちょっと嫌だったのですが
もう後戻りもできないしですね(^_^;)
主人の厄年だったら避けてたと思います。
お気遣いありがとうございます♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://woodgarden.blog21.fc2.com/tb.php/285-6543304f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*アンティークドア・真鍮パーツ・室内窓* «  | BLOG TOP |  » 瓦メーカーさんとの話し合い-前編-

*プロフィール* よろしくです♪

*mana*

Author:*mana*
2010年~2013年春、マンションのベランダで多肉中心のジャンクガーデン作りとDIYでナチュラルシャビーなインテリア作りをしていました。

2013年春、思い入れたっぷりのマンションを売って、一からおうちづくりをはじめました。
漆喰・足場板・無垢・真鍮・タイル…古道具とアンティークの似合うインテリアもガーデニングも楽しむおうちをつくります。

2014年7月完成しました。これから新しい暮らしをつづっていきます。

古いもの、DIY、多肉、ガーデニング、錆び、雑貨、器、写真、、、好きなものいっぱいです。

instagramやってます。
アカウント@mana814

*最新記事* 読んで下さい☆

*カテゴリ* 実際ごちゃまぜw

おうちづくり (18)
土地 (1)
ハウスメーカー (1)
外観 (2)
屋根瓦 (3)
キッチン (2)
仕様・材料 (6)
上棟 (1)
おうちのこと (1)
ガーデニング (121)
多肉 (81)
グリーン・フラワー (12)
ベランダ (13)
ガーデン雑貨 (13)
インテリア (18)
DIY (19)
リメイク (6)
ハンドメイド (2)
ショップレポ (4)
いただきもの (18)
ロハスフェスタ (8)
雑誌取材・掲載 (18)
デジイチ (2)
旅行 (13)
プレゼント企画 (4)
未分類 (4)

*掲載誌* ありがたや~♪

*最新コメント* いつもありがとう♪

*今の訪問者数* ようこそ!!

現在の閲覧者数:

*アクセスカウンター* 嬉しい♪

*月別アーカイブ* 2年目突入!

*メール* ご用の方はこちらに…

名前:
メール:
件名:
本文:

*リンク* 仲良くしてくれてありがと♪

このブログをリンクに追加する

*最新トラックバック* ってなに?

フリーエリア

*検索* お探しのものがあれば…

*QRコード*

QR

*ブロとも申請フォーム*

この人とブロともになる

*RSSリンクの表示*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。