topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*足場板で造作・無垢床・連窓* - 2014.05.29 Thu

みなさま、こんにちは。

またひと月更新をおさぼりしてまして何をしていたかというと
いよいよ完成が近づいてきたわけで、それと同時に外構工事も大詰めを迎えて
たくさんの施主支給品や家具やカーテンなどなど、探して手配して…
たっくさんの業者やお店やさんと連絡しまくるめまぐるしい毎日です。。。
頭がパンクしそうで、ブログを書くとこまで頭が回りませんでした(^^;


おうちの現況ですが
5月中旬に大工さんの木工事は終わり、しっかりとおうちの形を成しています♪
塗装屋さんも入られたので、雰囲気も出てきてます♪

正直『あーこうしとけばよかった(><)』と思うところも少なくない(笑)
やっぱり実際できてみないと分からなかったりすることは多いですねー

今はクロスやさんや左官さんや入られて
室内のクロス張り、外壁の塗り壁や1Fの漆喰などが進められています。

それが終わってキッチンやトイレなど設備関係が入れば完成です!!
6月下旬には完成です♪
それからひと月見学会なので、引っ越しは7月下旬~8月上旬です。
あーー待ち遠しい!!でもきっとあっという間ですね♪

ちょこちょこ記事を書いてたら完成に間に合わないので
今日はまとめてどどーんと写真をアップします!!



上棟後早い段階で取り付けられたのは窓♪

漢字の『田』の字のような2連窓を付けたいと要望したのは打ち合わせの最初の最初。

ずっと図面上で見てきた窓が付きました♪これは2Fに二つ付きます。
 

1Fは広さのバランスからいって3連窓。幅2m、高さ1.1mありリビングが明るいです♪
 



前に記事にした試行錯誤して変更した無垢床も張られました♪
ホワイトオークにグレーのオイル塗装。
一枚一枚節や木目の違いがあって、全体的にはくすんだ色味。くすみラブw
本当に理想的な雰囲気で嬉しい♡♡ 
 
 (黄色いテープは隙間をあえて作るために挟まれているものです。無垢は膨張収縮するので)

2階の廊下まではこの無垢オーク。
 

2Fの居室は削減のためフローリングです。



そして、わが家の最大のテーマである足場板がおうちに取り込まれました♪

WOODPRO足場板専門店さんから購入して支給した足場板。
3パターンのサイズを注文して用途に合わせて使いました。

厚さ3.5cmの板を使って電話台となるところの棚部分を造作。

上2段が飾り棚となり、3段目以下に扉が付いて収納になります。

飾り棚にする上段は奥行を小さく



下2段のところにはこれまた足場板で扉を作ってもらい取り付けます。
扉用に選別した幅9cmの足場板たち♪

コーディネーターさんや建具屋さんとワイワイこの10枚を選別しました♪
なるべくジャンクな錆び跡があるものを中心に…

建具屋さんが持ち帰り、この並びで扉を作成して下さってます♪
建具屋さんも足場板のかっこよさを気に入り、この写真をスマホの壁紙にしてましたw



そして、さっきの扉に使った幅9cmとその倍18cmの板を使って、
私の一番の『ここに足場板をこう貼りたい!』が完成しました♪
対面キッチンカウンターの側面です!!
 

厚さ5mmの薄い足場板を、横向きに、幅広(18cm)と幅狭(9mm)を両方使って
でも幅広の方を多めに、乱尺でランダムに貼る感じで、
現場で大工さんと順番などを打ち合わせして、施工してもらいました。
出来上がり見たときにはかっこよくて興奮しましたよー♪


場所的に一番目立つ角に一番味のある錆び跡♡
錆びもペンキ跡も目立つところにとお願いしていたので、ほんとに嬉しい♪


ただ一つ残念なのは、このカウンターの天板(笠木)が集成材だということ。
雰囲気を保つために足場板にしたかったものの、
私の手配が間に合わず(足場板は1枚でも受注から3週間後の納品だった)
色々探し回りましたが最終的には集成材にするしかなくて…

でもビックリ、、、ウォルナットを塗装したらかなりなじみました♪
 

私、集成材のパッチワーク感が好きじゃないんですが、
ここの足場板はランダムに貼ったのでパッチワーク感が出ちゃって、
それが結果なじんだという奇跡が起きましたww
でも、後からリメイクするかもしれません(^^;



前々回記事にした大阪のWORKSHOPさんにオーダーした室内窓も埋め込まれ、
仕切りとなる壁も出来上がっていました。

『ただいまー』と玄関ドアを入ると正面にくる壁です。


あ、その玄関ドアはこちら↓
fc2blog_2014052914251769b.jpg 
シンプソンの無垢ドアを塗装。

限りなく黒に近い紺色にしましたが、隣の窓やノブが真っ黒なため
黒ではないこと=紺色が際立っちゃいましたw これは誤算(><)
でも落ち着いた色で気に入ってます♪

外壁は今ひび割れ防止のためにモルタルが下塗りされています。

モルタル壁かっこいーーー♡♡
このままでって言いたくなりましたw

実際は真っ白な塗り壁になります(*^_^*)
 



床をグレーにしたり、足場板をふんだんに使ったり、連窓だったり
わが家はあまり見かけない個性的なおうちだと思います。

なので好きじゃない人からしたら理解できないと思いますw

そんなわが家ですが、見学会を長期間します。

個性的で参考にはならないかもしれませんが

施主の『こうしたい!これが使いたい!こんな雰囲気が好き!』の希望が
叶えられるハウスメーカーであることは、わが家を見れば分かってもらえると思います。

完全注文住宅、だけど決して高くありません。
良心的な価格でした、これほんとにほんと。


見学会のことはまた日時が決まり次第ここでお知らせしますので
お近くの方は遊びに来ていただけると嬉しいです♪



ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村





 





スポンサーサイト

*ダサかわいい造作手洗いスペース* - 2014.05.01 Thu

みなさま、こんにちは。

前記事の続き、1F手洗いスペースについて書きます。


まず、使いたかったのが『TOTO 実験用シンク SK7』  定番ですねー
sk7[1] 
(画像お借りしました)
SK7は壁付けの小型タイプ、小型と言っても幅61cm奥行47cmと大きいです。

ここは主にトイレの手洗いなので、その用途だと普通小さいものを付けるんですが、
うちは1Fに洗面所がないので、1Fを掃除する時や身だしなみを整える時にも使用します。
そういう時にシンクが小さいと不便なので大きめにしました♪

TOTOの実験用シンクにしたからには水栓はこれにしようと思ってました。
ESCK111LH170[1] 
(画像お借りしました)
カクダイのレトロな水栓も候補でしたが、操作性のいいこのレバーハンドルが気に入って♪
レトロでオーソドックスな形の水栓、色んな種類がありますが、
実験用シンクにはこういったパイプが長い水栓が組み合わせてあることがほとんどです。

定番のセットだけど、レバーハンドルのピヴォ(白いやつ)かわいいし、
これにしよーっ♪と決めてある日の打ち合わせに行ったんです。

打ち合わせ中ピヴォの話になり、そのメーカーのカタログが事務所にあったので
コーディネーターさんが持ってこられて目の前に置かれました・・・



ん?


んん??


なにこれーー?大好きなんですけどーー!!

そのメーカーさんは『イブキクラフト』さん、
エッセンスシリーズというカタログの表紙はこれ↓でした。

(画像お借りしました)

この表紙の露出配管が目に入り、大好物過ぎて興奮マックスに!
『これがいい!これにする!』と値段も見ずに連呼しましたww

この露出配管、色が3色ありました♪

 
(画像お借りしました)
私が好きなのは真鍮なので 気に入ったのは右端のホワイト×ブラス♪
配管が白、接続金具がブラスでちょーーかわいいです♪
配管 
(画像お借りしました)
他の黒やシルバーも男前でかっこよくて好きなんですが、
私が手洗いにはモルタルを使いたかったので、武骨なモルタルに甘さのある白と真鍮の
組み合わせがたまらなく好みです♡


コーディネーターさんも好きでオススメされてました♪
そして、もしこの露出配管にするならこの方が…とその場でサラサラーっと書いて
提案してくれました♪さすがーと唸りました♡

元々手洗いはモルタルの天板と壁面にコラベルタイルの予定でした。
天板はなくして壁面をモルタルに、
水栓の上までモルタル、その上からコラベルタイルを。。。 

正面から見た図↓                横から見た図↓
page_20140424231135288.jpg
モルタル部分をふかし奥行を長くすることでコラベルとの境のところで棚ができます♪
これで境界部分も自然になるし、その棚に色々置けて便利♪
    
モルタル壁×露出配管、お家のコンセプトは『甘辛ミックス』なので、
露出配管のかわいい色に ハードなモルタルを組み合わせるのがどストライクです(*^_^*)

水栓は同じく真鍮の横豆栓。
無題2 
(画像お借りしました)
壁付けなうえにレバーが先に付いてるので、掃除がしやすそうです♪


上のコラベルタイルの色もだいぶ悩みましたー!
あ、コラベルは名古屋モザイクさんの商品でランタン型のタイルです。
色が豊富にあり、組み合わせや割合を自由に決めれます♪
うちはこんな感じに決定!
 
モルタルに合うようにグレー多め。アクセントにブルーやマロンみたいな色。
どんな風に仕上がるのかドキドキ楽しみです♪


でも、とーーっても不安なこともあります。
さっきの露出配管、この小さなシンクとの組み合わせがサイズバランスも合っててかわいい♡ 
無題 
(画像お借りしました)
だけど、うちが採用するのは最初に書いた通りTOTOの実験用シンク…
そう、でっかいんです ・・・(^_^;)

小さな水栓と大きなシンク、露出配管とのサイズバランス…
果たして合うのか?変じゃない?かなり不安ですww

ですが、大きなシンクに不釣り合いのちっちゃな水栓とおされーな露出配管…
それが逆に、ダサかわいいかもーー♡♡となりはしないかと目論んでいますww
コーディネーターさんもそう言われてました♪
ででーんとあるシンクにちょこんと水栓、冒険ですがこのプランに決めました!

ダサかわいいなんて1mmもなくてただただおかしかった場合は
シンクの変更を考えます(^_^;)

かなり不安ですが、性格的に『あまり見かけないものや誰もやってないこと』が好きな傾向があってw
変かもしれないけど、とにかくやってみます(*^_^*)
なんとかうまくおさまるといいなーー♪


******************************************
今おうちの現状は木工事の後半くらいです。
あとは、外壁・クロス・左官・建具・造作家具・・・まだまだあります(^_^;)
完成は6月中旬ごろかな~♪
また現状も記事にしていきます♪


ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


*アンティークドア・真鍮パーツ・室内窓* - 2014.04.25 Fri

みなさま、こんにちは。

瓦の問題の件には温かいコメントやたくさんのポチありがとうございました。
ほんとに励まされました(T_T)
まだ庇部分の施工も残っているので、改めてまた記事にします。


さてさて!

瓦の前に書いた1階手洗いの記事の続きです → その記事 


間取りはコチラ
fc2blog_20140320173306fdf.jpg


玄関のドアを開けると正面にこう見えます。 ドア・壁・階段

無題   
玄関ホールの先に埋め込み窓が入った壁
その左奥にトイレのドア、壁の後ろが手洗いになっています。

この辺りの材料は好きなものを詰め込んだので、結果一番お金がかかった一角ですw
他のとこを削ってまで優先したといってもいいかもしれませんww


では最初はドアから♪
まだ家づくりを考えて間もないころ、アンティークのドアをトイレドアに使いたいと思っていました。

そしてすぐに、フランスアンティークを扱う『ディフェランス』さんでとても好みのドアに出会いました♪
大きなゆがみや反りや欠けなどがあれば建具として使用できないので
そこは確認してもらって問題なかったので購入♪
まだハウスメーカーさえ決めてない時に買ったので、1年以上おうちに待機してましたww
つい先日建具屋さんに渡して、晴れて家の材料として巣立って行きましたよ!ドキドキ☆


ドアはこちら☆ ブルーグレーのおフランスアンティークです♡
 
色と鍵部分の装飾(鍵としての機能はもうない)がとても気に入りました♪

このドアがお店のブログで紹介されてる記事です→  

間取りを考えるよりも先に購入しちゃったこのドア。
トイレはLDKの外に配置したいと思っていたので、玄関ホールに隣接するところにドアが付くことに、
だったら、この素敵なドアをインテリアの一部としてあえて見せるようにしようと間取りを考えました♪

(トイレのドアは見せたいけど、そのドアを開けた時にお便器ちゃんまで見えちゃうのは絶対に嫌ww
なので、ドアはトイレの長辺の方に、ドアを開けても見えるのは窓と壁です♪※最初の間取り図参照)


お気に入りのドアを見つけたからには、最後までこだわりたい性格の私(^^;
トイレのドアには『ドアノブ・ラッチ・蝶番・鍵』が必要です。
これ全部こだわって集めたら一体いくらになるんだと思いましたがもう後へは戻れないww
蝶番はドア購入時に付けていただいたので、ドアノブと鍵とラッチを時間をかけて探しました。


探す時間はたーっぷり!なのでネットでリサーチ!
こだわったのは、やっぱり真鍮♡
最終的に気に入るものが買えました♡

【ドアノブ】 真鍮のエッグノブ  大阪の『ELK』さんで
【表示錠】 真鍮  大阪の『ANTRY PARTS&SUPPLY』さんで

年末の大阪弾丸旅行で買いました♪ 
ネットで見て欲しかったものが目の前に売られてることに興奮しまくり!
パーツのお店自体も商品も豊富でした♪さすが大阪です!

ここまでは順調だったのですが、このドアには一つ問題が…
このドアは元々収納の扉だったようで、厚みがたった2.5cmしかなく(通常3.5cm位)
それより薄いラッチじゃないと埋め込みなので取り付けられません。

このドアノブにラッチは付属されていたのですが、付属のものは当然厚みオーバー…
別に薄ーいラッチを探すのが大変でした(><)
ラッチは同じく大阪の『マテリオ ドロッグリ』さんで見つかりました♪(通販で購入)


こだわって集めたパーツたちがひとつのドアになって取り付けられるのが楽しみです♡
建具屋さんも表示錠を気に入って下さった様子で嬉しかったなー♪




そして、ドアの手前にある壁に埋め込むのが『室内窓』

これずっと憧れでしたー!!
室内窓ってどこにでも埋め込めるわけじゃなくって
・窓の両面側がともに部屋・空間として成り立ってる
・家電家具などでふさがってしまうような壁じゃないこと
・筋交い(補強ための交差した柱)がない場所
じゃないといけないので、憧れは強くても実際には難しいんですよね…
うちにはこの壁しかなかったです。


ステンドグラスを買うかアンティークや古道具のものにするか
どこかにオーダーするか、木なのかアイアンなのか…
いっぱいいっぱい悩んで調べて決めました!
 
アイアン窓はキッチンの方で使うので、ここは木枠の窓にすることに♪
またまたw大阪の『WORK SHOP』さんにオーダーしました♪
ブルーグレーのアンティーク風ペイント、
ガラスは気泡入りで流れ模様のアルトドイッチェというデザインガラスでお願いしました。
securedownload[1]
このデザインガラスは近くにあるLDKのドアにも使うので、統一感が出るように同じものにしました♪
程よく視線をぼかしてくれます♪
ペイントが本当に素敵♡ しっかりと頑丈に作られてて大満足です♪

この窓が壁に埋め込まれることにより、真っ白な壁のアクセントになるし
何より壁で仕切られた手洗い側にも光がもれて明るくなるのがいいですよね(*^_^*)


次回はこの窓を埋め込んだ壁の裏にある、手洗いのことを書きます♪
まだまだこだわってお金かかっちゃった部材が登場しますw


ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


*2階お風呂と1階手洗い* - 2014.04.09 Wed

みなさま、こんにちは。

前回の瓦の問題の記事にはたくさんの応援ポチや拍手をありがとうございました。
勝手に励まされてると思い、勇気がわいてきました!w
今日瓦メーカーさんと直接話し合う機会を設けていただきました。
どんな結果であれ、心のモヤモヤが晴れるようがんばってきます!
またどうなったのかは追記していきますね。


今日は一番こだわった1Fの手洗いについてです。

こだわったというか、居室ではない分色々制限なく遊べる場所だった上に、
玄関ホールの奥にあり、玄関ドアをあけてすぐ目につく場所だったので、結果的に一番お金をかけて
好きなものを詰め込んだ(いや詰め込みすぎてちょっと不安なくらいw)ところです。

まず、1Fに手洗いがある理由から…

私が戸建てがいいと思ったきっかけはやっぱりガーデニングがしたいから。
なので、なるべく1Fの面積を抑えてお庭を広く取りたいと思っていました。

1Fの面積を抑えるには総二階の箱型のおうちが最適で、総二階にすると費用も抑えられるメリットも♪
(総二階とは1階と2階の面積が同じの箱型のおうちのこと)
外観もシンプルな箱型のおうちが好きだったので、『総二階』は早い段階で決定事項でした。

でも、1Fの面積を抑えたい一方で『LDKと玄関は広くとりたい』という希望もあり、
総二階でこれらの希望を満たす間取りはかなり難しかったのです。
(他にも和室やリビング外階段などの希望もあり、予算上35坪位を考えていたので)

そんな時にある完成見学会に行き、そのお宅が総二階で2Fにお風呂と洗面所を設置されていて、
その分1Fがゆとりのある間取りになっていて、私たちの中に2Fお風呂の選択肢が出てきました。

これにはメリットデメリットがたくさんありますので、色々調べました。
色んなサイトで紹介されているので割愛しますが、
わが家は共働きで日中は家にいないので、洗濯物は2Fベランダに干すのですが
洗濯機からベランダまで水を吸って重くなった洗濯物を運ぶ動線が短くてすむことや
2階あることによって防犯をそんなに気にせずいつでもお風呂の窓をあけて換気できることは
超換気好きな私にとって大きなメリットでした。

2階にお風呂・洗面を上げることによってプライベート空間を完全に区切ることができるのも
私たちの生活スタイルや希望に合っていると思いました。
生活スタイルなんて言ってますが内容は、1階の片付けは頑張るけど2階はそんなでもwwとか、
お風呂上がりに下着姿のまま洗面所を出ても2階なら平気wwとかですけどねww

結果的に、LDKは21畳、玄関も広く収納もたっぷりとれて(たっぷりすぎて何入れよう状態w)
間取りは紆余曲折あり、設計士さんに迷惑をかけてしまいましたが、
私たちらしい間取りが完成しました♪(万人ウケしないかもしれませんww)


2階に風呂・洗面所が決定したのですが、
来客時に手を洗ってもらったり、1Fの掃除等で水を使う時など
キッチンのシンクやトイレ内の小さな手洗いでってなってしまうのには抵抗があり、
トイレの手洗いを外に配置し、1Fの手洗い場として造作することにしました。


玄関とホールの間取りがこんな感じです。


階段とトイレはリビングの外がよかったので、玄関ホールに配置しました。
この間取りだと階段下を室内側からの収納に使えないので諦めていたら
設計士さんが『外部収納にしましょう♪』と提案して下さいました!

そんなことできるとは思っていなかったので、めちゃくちゃうれしかったです♡

ガーデニングやDIYをするのにたくさん外で使う用具があるけど
『THE 物置』ってのは置きたくないと思っていたので、
こんな風に階段下を外から開け閉めするドアで収納にするなんて最高です(*^_^*)



玄関を開けると正面に、右から階段、室内窓のある壁、そしてその奥にトイレのドアがあります。

fc2blog_20140320173643b07.jpg

オーダーの室内窓を入れたり、フランスアンティークのドアや真鍮のドアノブ・表示錠、
アンティークのスイッチにしたり、階段も蹴込みを漆喰にしたりと
施主支給で色々とこだわりました(*^_^*) お金かかりましたw

長くなってしまったので、次回具体的に紹介していきます♪


ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

*無垢床 悩んで悩んで決定!後編* - 2014.03.11 Tue

みなさま、こんにちは。

少し前から、だんなさんがいえづくりブログを始めてました(^^;
同じひとつのいえづくりをだんなさん目線から書かれていて興味深いです(笑)

私のブログから写真を拝借したり、プロフィール画像のおうちのイラストも同じだし
見かけたら気付くと思います(笑)  見つけてやってください(笑)


さて、今日は無垢床決定までの道のりの完結編です。
前回は、増額になったものの『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』
に決めたというところまで書きました。

IMG_3097_20140309174538837.jpg 

決めたものの、『かっちょいいー♪』と思う時期と、冒険しすぎじゃないかと心配に
なる時期が交互にやってきて、それはそれはもんもんとした日々を過ごしました(笑)

サンプル1枚で見ると、すごくすごくかっちょいい!

でもこれが21畳のLDKに貼られた時、色が濃すぎてモダンな感じになりはしないか…

私は木の節が昔からとっても好き。
節やそのまわりは色が濃くなっているものだけど、その濃淡は塗装でつぶされている。
濃淡はないけど、節や木目は浮き上がっているので、『べた塗り』とは感じない。

せっかく無垢材だから本当はオイル塗装で木に呼吸をしてもらい無垢の質感を感じたい。
でもこれはUV塗装だからせっかくの無垢のよさを封じ込めちゃってる。。。
でも、光沢が出たりベタベタしたりはなく、無垢に劣らない質感ではある。。。

メリットもあり、UV塗装することによって水に強くなってるからキッチン床としてはとても安心できる。


そんなことがぐるぐると頭をめぐり、ネットで無垢床(ホワイトオーク)を調べまくる時期がありました。


そんな中でいいな♪と思って自分でサンプルをとった床があります。

アルベロプロさんの 『オールドオーク ヘリテージユーロ№2』

素材の一枚一枚にいくつもの工程に及ぶ特殊加工や丁寧な表面加工を施し、
使い古された風合いをリアルに表現しています。ヴィンテージ感溢れる色味となっています。 (HPより)
img_old-oak_heritage-no2_zoom[1] 
(画像HPよりお借りしました)

オーク材をオイル塗装したもので、このくすんだ色合いがすーごく好みでした♡

HPよりお借りした施工例がコチラ↓
IMG_0142[1] 
(画像HPよりお借りしました)

img_0028_03[1] 
(画像HPよりお借りしました)

オイル塗装なので、木質によって色がのりやすいところのりにくところがあり
色の濃淡が一枚一枚違うところが好きです。

なので、ハウスメーカーにこの床材での見積もりをお願いしました。

『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』と比べ金額のアップはほぼなかったのですが、
ハウスメーカーが取り寄せるよりも私が取り寄せて『施主支給』に方が断然安価にできますと
ハウスメーカーさんは私たちになるべく負担が大きくならないようにとやり方を考えて下さり
この床材を貼るのであれば、前代未聞の『床材の施主支給』という形になりましたww

床材の施主支給なんて聞いたことありませんww
でもハウスメーカーを通せばその分高くなるんだし…

と悩み、踏ん切りがつきませんでした。

だんなさんは最初の『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』で全然いいよ!って
考えだったので、床材の施主支給なんて大胆なことはできずw、
本当はもう少し色が暗めがベストなんだなーという思いもあったので、
採用は見送り元サヤに戻りましたw


もうここまで悩んで『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』に決定したので
LDK全体に貼ってどんな雰囲気になるのかドキドキだったけど楽しみに思うようにしました。


最初に床材に悩んで『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』に決めたのが7月ごろ、
『オールドオーク ヘリテージユーロ№2』 を検討して元サヤに戻ったのが9月ごろ、

それから月日は流れ年が明け、その他もろもろの仕様やデザインや色も決まり
1月中旬に図面承認(図面にサインをして発注等がスタート、間取り変更ができなくなります)を行い
1月末の地鎮祭、3月の上棟式を待っていました。


そんな中、わたしの中のもんもんとした気持ちが再熱してしまうのです…

やっぱり色が濃すぎてモダンな感じにならないかが心配!
そしてだんなさんに相談すると『確かにその不安は結構ある、けど他に探した中でこれがベストだと思う』と。

確かにその通りです。散々悩んでこれに決定したので。

そもそも、オイル塗装のVATONのグレーが好きだけどパイン材にのらなかったのが事のはじまり。
薄くしかのらないと木材の色とあいまって、ピンク系の微妙な色になる…

じゃあ、木材のそのものの色がかっこいい好きな感じなら、薄くしかのらなくてもいい感じになるかも…?

無塗装で好きな色のオーク材……あるよーーーー!!

mj-n135oat[1] 
(画像HPよりお借りしました)

ナガイさんの『ユーロオークアンティーク 無塗装 (ホワイトオーク)』

オークの中でも『ホワイトオーク』が好きで、この無塗装の色、前から好きだったんです!

でも無塗装で床を貼るわけにはいかず、透明のオイルを塗ると黄色っぽさが増して北欧ぽくなるのです。
mj-o135oat[1] 
これはこれでとっても素敵なのですが、私のうちのテイストとは違って…


じゃあ、この無塗装にVATONのグレーを塗れば…
元々の木材色も好き、のせるオイルの色も好き、ちゃんと色がのってものらない部分があっても…
好きな感じになるかもーーー♪♪と期待してしまいました。

いやぁ~もっと早くに気付けよという感じなんですがww


この思いが強くなったのは、地鎮祭も終わった2月に入ってから…
間取りの変更はもうできませんが、壁紙や色の変更などはまだ大丈夫な時期でした。

床材…間取りの変更ではないけど、壁紙ほど気軽なもんでもない…

言うか言わないかだいぶ悩みました。
言ってみてもうその変更は無理と言われれば諦めがつく。
けど、もししようと思えばできる時期なら、ハウスメーカーさんに手間をかけてしまう。
優しい方々だからきっとやってくれる、けどあまりにも二転三転して迷惑をかけすぎだー(><)

そんな葛藤でもんもんとしながら、でももし間に合うのに試さなかったらきっと後悔すると思って
意を決して『もし間に合うのなら…』と設計士さんにこの考えをメールしました。

設計士さんから電話がかかってきまして、私『すみません』を連呼ww

サンプルをとって塗装してどんな風になるのか試すと言って下さいました!

もうどんだけ優しいんだと涙か出そうでした(;_:)

後日、サンプルができたと連絡を受け、ドキドキで見に行きました…

左が当初のUV塗装の『ホワイトオーク ブラッシュドオリーブグレー』
右の小さいのが今回依頼した『ユーロオークアンティーク 無塗装 (ホワイトオーク)』のVATON塗装。
image (1)
(日中、直射日光の元で撮影のため見た目より少し明るめ)

『右の、、、右のやつすっごい好きーーーーー!!』と叫びたいのをぐっとこらえましたww

左の当初のやつも好きなのですが、それに比べて、木本来の茶色の濃淡が透けることによって
1枚の床材の中だけで色むらが出てますよね?くすんだ感じもたまらない♡

『白っぽい、グレーっぽい、茶っぽい』がとてもいい感じに融合してる感じ♪

image.jpeg 
(これは夕方の光で撮りました)

『こんな風になったらいいな♪』がそのまま目の前に現れてめちゃくちゃうれしかったです!

土壇場にあがいてよかったなーと。。。
引き受けて下さった設計士さんには心から感謝です。ほんと柔軟で素敵な人です。

し・か・も!当初の床はとても高価だったため、この床材に変更したらマイナス10まんえーーん♪

少しアップになったとしても変更したいくらいなのに、10万円も下がるなんて…

他に諦めたものを復活させようと思いますww



ここまで長々と読んで下さった方々ありがとうございます。
びっくりするくらい長くなってしまいましたww
書くうちに熱い気持ちがよみがえってきちゃいまして…(*^_^*)

がんばって書いたので、応援ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村










NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

*プロフィール* よろしくです♪

*mana*

Author:*mana*
2010年~2013年春、マンションのベランダで多肉中心のジャンクガーデン作りとDIYでナチュラルシャビーなインテリア作りをしていました。

2013年春、思い入れたっぷりのマンションを売って、一からおうちづくりをはじめました。
漆喰・足場板・無垢・真鍮・タイル…古道具とアンティークの似合うインテリアもガーデニングも楽しむおうちをつくります。

2014年7月完成しました。これから新しい暮らしをつづっていきます。

古いもの、DIY、多肉、ガーデニング、錆び、雑貨、器、写真、、、好きなものいっぱいです。

instagramやってます。
アカウント@mana814

*最新記事* 読んで下さい☆

*カテゴリ* 実際ごちゃまぜw

おうちづくり (18)
土地 (1)
ハウスメーカー (1)
外観 (2)
屋根瓦 (3)
キッチン (2)
仕様・材料 (6)
上棟 (1)
おうちのこと (1)
ガーデニング (121)
多肉 (81)
グリーン・フラワー (12)
ベランダ (13)
ガーデン雑貨 (13)
インテリア (18)
DIY (19)
リメイク (6)
ハンドメイド (2)
ショップレポ (4)
いただきもの (18)
ロハスフェスタ (8)
雑誌取材・掲載 (18)
デジイチ (2)
旅行 (13)
プレゼント企画 (4)
未分類 (4)

*掲載誌* ありがたや~♪

*最新コメント* いつもありがとう♪

*今の訪問者数* ようこそ!!

現在の閲覧者数:

*アクセスカウンター* 嬉しい♪

*月別アーカイブ* 2年目突入!

*メール* ご用の方はこちらに…

名前:
メール:
件名:
本文:

*リンク* 仲良くしてくれてありがと♪

このブログをリンクに追加する

*最新トラックバック* ってなに?

フリーエリア

*検索* お探しのものがあれば…

*QRコード*

QR

*ブロとも申請フォーム*

この人とブロともになる

*RSSリンクの表示*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。